弊社の業務は、顧客各会社様との秘守義務のため、多くをお見せすることはできません。
ここに掲載しました作品物は、私たちの自主製作及び、研究試作品とも言えるものです。
ダイヤのカッティング資料から3DCADにてモデリングしマシニングにて加工しました。
材質はアクリル樹脂、仕上げはバフ研磨です、スタンドも自作です。
弊社グリーンマシン事業部からの依頼でデザインから原型作り、加工、注型品完成まで行いました。
弊社社員によるアイディア及びデザイン、加工、塗装を施した品物です。
製作の元(マスター)素材は生の葉っぱからです。シリコンゴムにて型を作って樹脂を流し込み成型しました。
茎の部位はアルミの棒です。樹脂材はアクリル系、ウレタン系、ゴム系の注型が可能。また色の指定も可能です。
製作する為の元データは作成者のイメージとだんじりの写真からです。
写真をスキャニング後に3D/CADにてデジタル化しパーツ別けした後にマシニングにて加工しました 。
材質はABS樹脂と人工木材です。 大きさは 約1/20スケールです。
ピラルクの3Dデータ化は水族館と博物館の写真とイメージから始めました。
外観は忠実に再現は不可能なのでそれ風に近づいたところで止めて、光造型にて原型を作っています。
その後表面処理を施して中に骨に見立てたものをインサートし透明樹脂で注型しました。