工業デザインモデルとは、新製品を量産する前に、実装やデザインのチェックの為に作る試作品の事で、
意匠確認用のデザインモデル(確認だけでなく、カタログ撮影用などにも用いられます。)
機能確認用のワーキングモデル
機能、意匠を含めた総合的なワーキングモデル(マスターモデルともいいます)
に分類されます。
また、モデルを作成することにより、設計した図面の正誤を立体化(実体化)して検証することもできます。

通常は、お客様より図面又はCADデータを頂き、当社に於て加工用データを作成し、それを元にマシニング加工、手加工、塗装等を経て完成品とします。

又、場合に依りましては、お客様のアイデアや、イメージの提示だけでご希望の品物を作る事も出来ます。詳しくは「デザイン開発」のページをご覧ください。

なお材質については、プラスチック・金属切削・板金加工を含む広範囲な対応をさせて頂いております。