CAD/CAMシステムにより作り出された立体パーツは
あくまでも基本型であり、個々の部品に過ぎません。
長年の経験で鍛え上げた手仕事により各パーツを組み立て、
継ぎ目を仕上げ、表面を磨いて生地のモデルが仕上ります。